2014年11月02日

☆ねこや食堂が開店10周年を迎えました☆

隣町の新ひだか町(静内)にある手打ちうどんcafe「ねこや食堂」は昨日11月1日、開店から10周年を迎えました。
【ブログ「ねこや食堂日記」の10周年の記事はコチラから】

ねこや食堂を営む女性店主・服部さんは、大黒座の上映スケジュールやイベント情報などをブログやフェイスブックなどで発信することはもちろん、本ページの投稿も上手に拡散してくれています。
というのも、大黒座が今のミニシアターになる前の時代から、ぱんぱかぱんの以西さんやカフェアッシュの馬道さんを中心に活動していた「浦河映画サークル」で、服部さんも一緒に映画の魅力を語りあっていたそうです。
ドキュメンタリー映画『小さな町の小さな映画館』でも、当時の映画サークルについてインタビューに答えていらっしゃいます。

建て替え前の大黒座や先代館主を知る方々が、女性店主の立場で今でもしっかりつながっていて、それぞれが大黒座を応援している。
本当に素敵なことだと思います。

ねこや食堂を訪れると、店内にそれとなく名画が映されていて、ついついゆっくり過ごしたくなりますよ。
ぜひ足を運んでみてください。

服部さん、開店10周年おめでとうございます!
これからも一緒に大黒座を応援していきましょう!!
posted by だいこくニャ at 07:55| Comment(0) | 大黒座を応援する人たち