2014年11月11日

“わがまちに映画館がある”ことのありがたさが、ここにも。

今週末15日(土)は「第11回大黒座まつり」が開催されますが、ときを同じくして新潟市で大黒座を取り上げた『小さな町の小さな映画館』と『旅する映写機』が立て続けに上映され、森田惠子監督のトークも行われるそうです。

新潟・市民映画館シネ・ウインドは、市民の出資により開館した「市民が運営する映画館」です。
全国各地で踏ん張る映画館にとって、森田監督が手がけた二つの作品はきっと支えになるのではないでしょうか。

森田監督が新潟の方々にメッセージを届ける頃、浦河では大黒座を愛する人たちが集います。
それぞれの土地で、映画館があることによってもたらされる素敵な時間が同時進行です。
新潟市近郊に知り合いがいらっしゃる方は、ぜひ情報提供をしてあげてください。
posted by だいこくニャ at 06:50| Comment(0) | 映画館にまつわるエトセトラ…