2015年12月29日

大晦日は休映。年明けは元旦(映画の日)から営業します!!

大黒座は学生の冬休み向けのラインナップに模様替えされました。

20151229 大黒座チャレンジFBページ投稿写真@(上映情報|冬休み向け).JPG

先日から『先生と迷い猫』に合わせて、ネコ好きのお客さまの姿もちらほらと…。
看板猫・ちーたんのお出迎えやお見送りも、いつも以上に健気に見えます。

20151229 大黒座チャレンジFBページ投稿写真B(上映情報|冬休み向け).JPG

大黒座は大晦日のみ大掃除のためお休みとなります。
年明けは元旦(映画の日)から営業しています。

20151229 大黒座チャレンジFBページ投稿写真A(上映情報|冬休み向け).JPG

<直近の上映スケジュール>
♪『先生と迷い猫
(〜1/8|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
♪『小さな世界はワンダーランド』※高校生以下500円!
(〜1/31の期間中|土日・祝日の朝10時の回)
♪『あん
(1/9〜22|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
♪『クロスロード
(1/9〜22|@夕方4時)
(1/23〜29|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)

posted by だいこくニャ at 08:00| Comment(0) | 上映情報

2015年12月25日

上映情報♪ −2015_12_25−

大黒座は明日から上映作品が切り替わります。

20151225 大黒座チャレンジFBページ投稿写真A(上映予定|メリークリスマス).JPG

約1ヵ月にわたる追悼上映『ニッポンの嘘』と『ナイトクローラー』の上映は、今日が最終日です。
大黒座がクリスマスに自信をもってお届けする2作品は、来年から選挙権が引き下げられることをふまえています。

20151225 大黒座チャレンジFBページ投稿写真@(上映予定|メリークリスマス).JPG

そしてまた、高浜原発(関西電力)の再稼働を認めるという、たった8ヵ月前に下された「運転差し止め」の仮処分決定を覆す福井地裁の判断。
『ニッポンの嘘』のなかで、生前の福島菊次郎さんがフクシマにふれて発する「また(ヒロシマと)同じことが、同じように起こって、同じように葬られていくんじゃないか」という言葉が胸に刺さります。

私たちの未来には、いったいどんなことが待ち受けているのでしょうか。
人々を“無関心”に陥らせないため、命を削りながら真実に迫った福島菊次郎さんの姿を、ぜひ大黒座のスクリーンでご覧ください。


大黒座は大晦日31日のみお休みとなります。
年明けは元旦から休まず営業。だって「映画の日」ですもんね。
ぜひ大黒座のスクリーンで映画をご鑑賞ください。

20151225 大黒座チャレンジFBページ投稿写真C(上映予定|メリークリスマス).JPG

<上映情報>
♪『ナイトクローラー』は、本日までの上映です。お見逃しなく!!
(@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
♪『ニッポンの嘘 〜報道写真家 福島菊次郎 90歳〜』の追悼上映も本日限り!!
(夕方4時の回のみ)
♪『先生と迷い猫』は、明日から上映開始です!
(12/26〜1/8|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
♪『小さな世界はワンダーランド』は、明日からピンポイント上映が始まります。
(12/26〜1/31|土日・祝日の朝10時の回のみ)

20151225 大黒座チャレンジFBページ投稿写真B(上映予定|メリークリスマス).JPG

<今後の上映予定>
♪『あん
(1/9〜22|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
♪『クロスロード
(1/9〜22|@夕方4時)
(1/23〜29|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
♪【新作決定!】『グラスホッパー
(1/23〜29|@夕方4時)
(1/30〜2/12|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)


以下、ラインナップのみ掲載。スケジュールの詳細は後日お知らせいたします。
♪『ダライ・ラマ14世
♪『陽光桜
♪『NORIN TEN 〜稲塚権次郎物語〜
♪『ルンタ

−−−−−−−−−−
上映情報は、大黒座ウェブサイトからもご覧いただけます。
posted by だいこくニャ at 07:30| Comment(0) | 上映情報

2015年12月24日

館主、まさかの勘違い…きっと暖冬のせいさ。

浦河町出身のスピードスケート選手、ウィリアムソン師円選手が全日本選手権で2大会連続の優勝!!

20151224 大黒座ブログ投稿写真(ウィリアムソン師円選手).JPG

高校卒業を機に練習の拠点をオランダに移して2年目の師円選手ですが、年末のひと時は地元・浦河に帰省して過ごすそうです。
ただ、記録的な暖冬の影響で、浦河町内のスケートリンクでは氷を張ることができず、師円選手を招いて行われるはずだったスケート教室も企画変更を強いられているとか…。

そんな師円選手の活躍の話題が持ち上がった大黒座でのことです。
三上館主が発した「(師円君は)サンキョウさんに所属してるんですもんね」という言葉。

知っている人ならすぐに、「そうそう、オリンピック選手を何人も輩出している“日本電産サンキョー”でスケートに打ち込んでいる」と感じることでしょう。

しかし…
ここには大きな勘違いがあるのです。
浦河町民の会話における“サンキョウさん”と言えば、当然ブランド鮭「銀聖」で有名な「三協水産」のことです。
(…ていうか、ONLINEで直送してるんだ!今頃知る浦河町民 ^o^;;)

「えっ、三上さん。もしかして師円君が三協水産に所属してスケートをしてるとでも…!?」

今や企業スポーツそのものの存続が危ぶまれる時代。
どのスポーツにおいても、アスリートが競技に集中できる環境を整えられる企業は少なくなってきました。
そんな時代に、小さな町の水産会社がアスリート支援をしているとしたら、それはそれでとても夢のある話だなぁと感じつつ、大黒座・三上館主らしい何とも言えないエピソードが生まれた瞬間を嬉しく思うのでした。

おっと。
館主の微笑ましい勘違いについては、くれぐれもここだけの話ということで…(笑)

posted by だいこくニャ at 21:55| Comment(0) | 日記