2016年09月21日

【お知らせ】10/1『さとにきたらええやん』の重江監督と大澤Pが来館されます!

大黒座で上映開始となった『さとにきたらええやん』の重江良樹監督と大澤一生プロデューサーが、来たる10月1日(土)に来館され、舞台挨拶をいただきます。

20160921 大黒座チャレンジFBページ投稿写真(『さとにきたらええやん』重江良樹監督来館).JPG

大阪在住の重江監督は、作品の舞台である「こどもの里」に7年間ボランティアとして通いながら、丹念な取材を通して『さとにきたらええやん』を完成させました。
日雇い労働者の街として知られる大阪市西成区釜ヶ崎の日常や、こどもたちの遊び場づくりをきっかけに一貫してこどもの「生きる力」を育み続けているこどもの里の活動、そこで日々もがきながらもたくましく生きる人たちの横顔など、たくさんのエピソードを聞くことができそうです。

当日(10/1)は昼の回の上映を『さとにきたらええやん』に振り替え、上映後に監督とプロデューサーから舞台挨拶を頂戴します。
大黒座に足を運べる範囲にお住まいの皆さま、ぜひ当日または事前に作品をご覧のうえ、大阪からはるばる来館いただく監督とプロデューサーのお二人をお迎えしましょう。
ご家族や大切な誰かにもお誘い、またはお知らせくださいますようお願いいたします。


<上映中の作品>
♪『帰ってきたヒトラー
(〜10/7|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
※10/1のみ、昼の回は『さとにきたらええやん』の上映。
♪『さとにきたらええやん
(〜10/7|@夕方4時)
※10/1のみ、昼1時半の回も上映。
(10/8〜14|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
posted by だいこくニャ at 07:15| Comment(0) | 情報アレコレ@大黒座ロビー

2016年09月17日

今日から『野火』のアンコール上映です!!

大黒座では本日から3日間限定で、『野火』をアンコール上映いたします。

20160917 大黒座チャレンジFBページ投稿写真(『野火』アンコール上映|再告知).JPG

『野火』を映画館で観ていただきたい最大の理由は「音」にあります。
塚本監督がこの夏アンコール上映を行うことになった劇場関係者に送ったメッセージにも「音量」へのこだわりが託されていたそうです。

(以下、一部抜粋)
−−−−−−−−−−
「野火」アンコール上映を決めてくださったみなさまへ。

どうか、家で見るのとは違う大きさ、迫力でお客さんを圧倒していただくように、なにとぞお願いいたします。
“劇場体験”が最高、を売り物にしております。
どうかよろしくお願いいたします。

塚本です。

−−−−−−−−−−
塚本晋也監督は当初から、『野火』を毎年終戦記念日に上映されるような映画にしたいと思っていたそうです。
戦後70年といった節目の年だけでなく71年目の今年も、来年以降もまた、戦争の惨禍を忘れないために。

週末のひととき、ぜひ大黒座のスクリーンで『野火』にふれてみてください。


<本日から3日間(9/17〜19)の上映作品>
♪『野火』【アンコール上映】
(@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
♪『帰ってきたヒトラー
(@夕方4時)
posted by だいこくニャ at 06:20| Comment(0) | 上映情報

2016年09月16日

【お知らせ】「ガロと北海道のマンガ家たち展」(@小樽文学館)開催中です!

小樽文学館で現在開催中の「ガロと北海道のマンガ家たち展」(〜10/23)のチラシの表紙は、浦河在住の漫画家・鈴木翁二さんによるものです。

20160916-2 大黒座チャレンジFBページ投稿写真@(お知らせ|ガロと北海道のマンガ家たち展).JPG

雑誌『ガロ』は、漫画界に異才を数多く輩出した伝説的な漫画雑誌。
そこで連載をもっていた鈴木翁二さんが、このたびの小樽文学館の企画展で躍動します。

今週末、以下の日程で鈴木翁二さんやゆかりの方々を交えた映画祭が開催されるそうです。
♪9月17日(土)16時〜19時「鈴木翁二の『ガロ』的月光映画祭」
♪9月18日(日)16時〜19時「鈴木翁二の『ガロ』的日光映画祭」
於:小樽文学館 展示室
※要入館料
※電話予約は小樽文学館まで(0134-32-2388)


鈴木翁二さんが昨夜まで熟考した映画祭の構成が明らかになりました。

20160916-2 大黒座チャレンジFBページ投稿写真A(お知らせ|ガロと北海道のマンガ家たち展).JPG

翁二さんのメモのまま転記いたします(笑)
−−−−−−−−−−
17日(土)
<短篇映画上映>
 小山赤里「憧れが屋根にいる」
 山田勇男「憧れが屋根にいる」(同題名)
 鈴木翁二「夕凪戦線8月号」
 他、小品。
<談義>
 山中潤(元ガロ編集長)
 鈴木翁二「旅情がきた道」…梶井基次郎と二人の少女の体験をとおして。

18日(日)
<短篇映画上映>
 小山赤里「憧れが屋根にいる」
 天野天涯「トワイライト」
 鈴木翁二「夕凪戦線8月号」
 他、小品。
<談義>
 森雅之、山中潤、他。
 鈴木翁二「駄玩具とマンガの時間」…実践的道道(みちみち)マンガ考。挿入歌多数アリ。

−−−−−−−−−−
なんだか楽しそうです。
ぜひ足をお運びくださいませ。
posted by だいこくニャ at 07:25| Comment(0) | 情報アレコレ@大黒座ロビー