2015年08月10日

大黒座にヒロインが舞い降りた週末のひととき♪

「ももクロが来るかもしれません」と三上館主がボソッと教えてくれたのは、ほんの数日前のことでした。

大黒座で現在上映中の『幕が上がる』に出演するももいろクローバーZのメンバーが、もしかすると舞台挨拶に来ることになるかも…と言うのです。
「お知らせ(告知)のこともあるので、決まったらまた連絡します」とは言うものの、果たして本当の話なのかな。何よりホントにこの小さな映画館で対応できるの!?
…と、大黒座を応援する立場のこちらも勝手にソワソワ。
ウェブサイトをはじめとした大黒座関連情報の発信を複数のサポーターでお手伝いしているので、館主と共にももクロが所属するスターダストプロモーションからの連絡を待つことに…。

現実になると決まったのは2日前。
どのメンバーが来館するか知らされたのは、前日の夜のことでした。
そしてそして、告知のタイミングはいろいろなことを考慮して、「当日の朝6時に」とのこと。

「大黒座ウェブサイトのトップページで告知したうえで、フェイスブックページ(大黒座チャレンジ)ツイッター(ちーたん@浦河大黒座)でシェアしましょう」と担当者間で確認したうえで、当日の朝を待つことに…。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 00.jpg

こんな感じでいざ告知の準備をしつつ、ももクロのマネージャーである川上さん(こういった文脈では「kwkmさん」と表現したほうがいいのかな…^-^;;)が、ツイッター上で「(誤送信)という表現を添えて信憑性の高い情報を発信している」という話を思い出してツイッターの動きをのぞき込むと…

20150809 大黒座ブログ投稿写真 02.jpg
こりゃあホントにホントなんだ。

ウェブサイトにアップしてからフェイスブックページでシェアする際は、ちょっとご愛嬌で「(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル ゴソウシン」と、kwkmさんを真似てみたり(笑)

そうこうしているうちに、ツイッター上でのモノノフ(ももクロの熱心なファンの方々)さんがどんどん情報を拡散する様子が目に入ってきます。
フェイスブックページも次々とシェアされて、リーチ数がどんどん伸びていきます。

「朝の回はまだしも、昼の回が心配ですね」などと悠長なことを言っていた前日の会話はなんだったのでしょうか。
できるだけ早く大黒座に赴き、館主ご夫妻を手伝わなければ!!

20150809 大黒座ブログ投稿写真 03.JPG
しかし、開館前の大黒座にはすでに行列が…。
スゴい拡散効果を早々と実感しました。

大黒座館内では、館主ご夫妻が駆け足で来館者及びももクロご一行をお迎えする準備中。
20150809 大黒座ブログ投稿写真 04.JPG
せっかく遠方から来られる方もいらっしゃるので、『幕が上がる』のポスターの近くに、浦河町のマスコットキャラクターである「うららん&かわたん」のぬいぐるみを置いてみました。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 05.JPG
この会場が、果たして今日はどんな空気に包まれるのだろう。
今日ばかりは、館主のお母さま・雪子さんお手製の座布団のすべてが、お客さんの重みを感じることになるのかな…とか思い入ってる場合ではありません(汗)

20150809 大黒座ブログ投稿写真 06.JPG
なんとか上映30分前に開館にこぎつけました。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 07.JPG
「なんかこの雰囲気イイね」というモノノフの皆さんの声が聞こえてくると、ちょっと嬉しい。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 07'.JPG
結局、朝10時の回には補助席を追加して60名が来館されました。
朝6時過ぎの告知なのに、朝の回ですでにこの客入り…昼の回はいったいどうなるのでしょう。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 08.JPG
何しろ朝10時の段階で、すでに昼1時半の回を待つ来館者が待機しているのですから…。

ちなみに、看板猫のちーたんは、慣れない人混みを前にすっかり姿をくらませてしまいました(笑)

−−−−−−−−−−
そうこうしているうちに、ももクロのメンバー(百田夏菜子さん・高城れにさん)を乗せた一行が大黒座に到着。

この日は大黒座に隣接する館主の自宅が控室でした。
控室に入る前に、その時点で昼の回を待つモノノフの皆さんと親しげにコミュニケーションする夏菜子さんとれにさんの振舞いに、ファンの心をつかんで離さないももクロの魅力の一端を垣間見ることに。

そして、お約束とばかりに、三上館主に向けて「私たち 今会えるアイドル 週末ヒロイン ももいろクローバーZ!」

照れているのか驚いているのか、ポカーンとその場に立ち尽くす三上館主の姿がそこにありました。
撮影や録音などはもちろん控えなければいけないので、この何とも言えない瞬間を言葉でしか伝えられないのが残念です(笑)

20150809 大黒座ブログ投稿写真 09.JPG
控室と言っても、大黒座のすぐ隣ですから、支度をする夏菜子さんとれにさんの声が、網戸を通してあまりに普通に漏れ聞こえてきます。
窓越しにモノノフの皆さんと会話をする様子は、実に微笑ましく感じました。
モノノフの皆さんにとっても、この距離感や空気感は格別だったのではないでしょうか。

「何これ。美味しーい!」
いったい館主ご夫妻はどんな美味しいものを用意したんだろう…!?

その答えは、モノノフの方々ならすでにチェック済みかもしれません。
夏菜子さんとれにさんがすでにアップしているそれぞれのオフィシャルブログで、写真付きで語られていました。

☆百田夏菜子さんのオフィシャルブログ「でこちゃん日記」
(⇒8月9日「弾丸ツアーin浦河町!」はコチラからどうぞ)
☆高城れにさんのオフィシャルブログ「ビリビリeveryday」
(⇒8月9日「浦河町!」はコチラからどうぞ)

館主の奥さま・佳寿子さんは前日、「せっかく北海道に来てくれるんだから…」と頭を悩ませていましたが、とうもろこしやじゃがバターを用意していたようです。
そのほかにも、浦河産の夏イチゴ(夏場に収穫するイチゴは、この地域が全国一の収穫量なのです)や、夏イチゴを使ったケーキの差入れも届いていて、夏菜子さんやれにさんも召し上がっているようでした。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 10.JPG
あらら。
先ほどの混雑が収まると、おもむろに現れて、ひなたぼっこを始める猫のちーたんです。
ツイッターで大黒座を知ることになったモノノフの方々がけっこういるのでしょうか、「あっ、ちーたんだ!」という反応もありました。

−−−−−−−−−−
その頃、大黒座の館内では『幕が上がる』朝の回の上映が終わり、いよいよ夏菜子さんとれにさんが登場!
映画上映中は会場を閉め切っていたので、館内はただでさえスゴい熱気に包まれていました。
そこに登場した夏菜子さんとれにさんの何気ない世間話や、川上マネージャーの軽妙なトークに、換気も追い付かないほどにヒートアップした1回目の舞台挨拶となりました。

※以下、何枚か夏菜子さんとれにさんが映りこんだ写真を載せますが、いずれもkwkmマネージャーがアップしたももクロのツイッターアカウントで公開されたものを転載したものです。

画像01(誤送信).jpg
朝の回の上映には、東京からお越しのモノノフさんがいらっしゃいました。
告知を見てからでは到底間に合わないはずなのですが、このモノノフさん(ご夫婦)、実は『幕が上がる』を全国で一番遅くまで上映することになった大黒座で映画を観るために、たまたま前日から浦河に滞在していたそうなのです。

なんという偶然。
宿泊先でももクロメンバーが大黒座に来ることを知ったときは、きっと鳥肌ものだったでしょうね。

画像05(誤送信).jpg
1回目の舞台挨拶のハイライトは、隣町の小さなモノノフとのこの場面。
「前髪上げたくなーい」と連呼していたれにさんには申し訳ありませんが、あまりに素敵なショットなので、ここでも転載いたします。
こんなに近い距離でふれあえるなんて…絶賛感電中ですね。

−−−−−−−−−−
1回目の舞台挨拶が終了した頃、すでに時刻は午後1時に近づき、昼の回との入れ替えとなりました。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 11.JPG
折り返しを設けることになった行列には、モノノフの皆さんや地元の学生の姿も見受けられました。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 12.JPG
そうそう、北海道のモノノフさんのことを「ドミノフ」と言うのだそうですが、この日道内各地から駆け付けたドミノフさんには、札幌や帯広、室蘭から来たという人、今朝の告知を受けてはるばる函館から訪れたという方もいらっしゃいました。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 13.JPG
昼の回にあたっては、確実に座席が足りなくなることが想定されていたのですが、川上マネージャーの柔軟な発想と大黒座・三上館主の大らかさの合わせ技として、「舞台挨拶のみの来場も可」とする英断。
そして、ステージをお客さんに譲ったうえで、主役のお二人は出入り口付近に急きょこしらえた台の上から挨拶をするというのです。

その後のモノノフの皆さんのつぶやきを拝見すると、まさにこれが「神対応」だったのか…と感じる瞬間でした。

画像02(誤送信).jpg
ホントにスゴイ距離感です。

画像03(誤送信).jpg
大黒座としては、ももクロのお二人にふれあえないまま浦河を後にする来館者を一人も生み出すことなく、すべての方を迎え入れることができたことが、何よりの喜びではなかったでしょうか。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 14.JPG
1回目の舞台挨拶の後も、大黒座にとどまるモノノフの皆さん。
本当に気持ちのいい方々ばかりで、ももクロを想う純粋な気持ちと、同じ想いでつながるお仲間同志の結束を垣間見ると、「これはやめられないよな…」と心のなかでつぶやいてしまいました。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 15.JPG
あらあら。
今日がこんなに特別な日だとはつゆ知らず、館主のお母さま・雪子さん(右)を訪ねて、隣町の様似町からお客さまが…。実はこのお二人、姉妹です。

普段の大黒座では、卒寿を迎えた雪子さんがチケットを切ってくれます。
そんな映画館が、1万3千人のまちで今もなお明かりを灯しています。
モノノフの皆さん方の記憶に、大黒座という映画館のことがいつまでも残っていてほしいと感じます。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 16.JPG
2回目の舞台挨拶の最後は、地元・浦河高校の女子高生から花束が渡されることに。
この花束は、赤と紫の花が多めにあしらわれていたのですが、これは館主の奥さま・佳寿子さんが「来館するのは夏菜子さんとれにさん」と知らされた段階で、地元の花屋にオーダーをしたそうです。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 17.JPG
おや。
何とかすべての来館者を迎え入れることができて余裕が出たのでしょうか、三上館主もカメラを構えていますね。さっきまであまりの人混みに落ち着きがありませんでしたが…(笑)

20150809 大黒座ブログ投稿写真 18.JPG
夏菜子さん・れにさんに宛てた手紙も添えて…。

「あー緊張する〜」と言って、身を寄せ合う二人が印象的でした。
何しろ昨年の大黒座まつりでも、「なりきりクローバーZ」と称して仲間と一緒に踊りを披露してくれたほど、大黒座に一番近いところにいたモノノフなのですから。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 19.JPG
無事に2回目の舞台挨拶も終了となり、大黒座周辺が少しクールダウン。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 20.JPG
気さくな川上マネージャーが記念撮影に応じるなど、緩やかな時間が流れます。
自然とこのあととんぼ返りで北海道を離れるももクロの二人をお見送りする空気になってきました。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 21.JPG
ももクロのスタッフの「いつも通り撮影や録音はご遠慮ください」「この辺より後ろに並んでください」といった声かけに、整然と対応するモノノフの皆さんの行動や譲りあいの光景に、ファンのあるべき姿を感じました。

画像04(誤送信).jpg
最後の最後まで、ファンとの交流を大切にするももクロのお二人。

一週間前の「桃神祭2015」2日間で8万人を動員した翌週に、「最初から『幕が上がる』最後の上映館には行くことにしていた」とは言え、はるばる北海道の座席数48の映画館にまで来てくれるなんて…。
その心意気もまた、ファンを惹きつけて離さない所以なのだと実感しました。

−−−−−−−−−−
ももクロのご一行が帰路に就いても、昼の回の上映が続いています。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 22.JPG
無事にお見送りした大黒座・三上家では、浦河産の夏イチゴをつまみながらホッとした様子の館主の姿がありました。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 23.JPG
昼の回の上映が終わると、上映前の舞台挨拶でたくさんのファンサービスが行われたことが窺える場面もありました。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 24.JPG
さあ、気持ちを切り替えて夕方4時の回、映画『深夜食堂』の上映です。
(舞台挨拶が盛会だったこともあり、実際は4時からの上映とはならなかったのですが…)

20150809 大黒座ブログ投稿写真 25.JPG
夕方4時の回は、(数字にしてしまえばそれまでですが…)2名の来客。
ついさっきまでの熱気とのコントラストがハンパないです(汗)

20150809 大黒座ブログ投稿写真 26.JPG
夜7時の回の『幕が上がる』には、3名の来客があったそうです。
そこには、健気にお客さまを出迎え、お見送りを待つ猫のちーたんの姿もありました。

これが大黒座の日常であり、映画館の営みとしては厳しい現実でもあります。

しかし、大黒座を応援する立場としてふと感じたことは、この日の昼間のような年に何回もない客入りのときも、たった一人の来館者に対しても、大黒座・三上家のお客さまへの振る舞いはいつも変わらないということです。
ただ純粋に「映画館で映画を観てほしい」という想いで、営み続けています。

この点において、8万人の前でも100人の前でも同じ気持ちでファンと向き合うももクロの皆さんと、大黒座・三上家の“心意気”は共通しているように感じます。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 27.JPG
夏菜子さんとれにさんが大黒座に残してくれた色紙は、今後大黒座ロビーに飾られることになると思います。
ちなみに…この写真に映るネコは、大黒座の看板猫のちーたんではなく、三上家の箱入り猫のトラちゃんでした。


夏菜子さん、れにさん。
このたびは浦河に大きな人の波や元気・感動をもたらしてくれて、本当にありがとうございました。

モノノフの皆さん。
当日の告知にもかかわらず、大黒座を訪ねていただきありがとうございます。
ももクロのお二人が電撃的に訪れた場所の一つとして、ぜひこれからも大黒座のことを記憶にとどめておいてください。そして、できることならまた誘い合わせてご来館いただけると嬉しいです。

大黒座・三上家(そして、ちーたん)は、いつも変わらずお客さまをお迎えしてくれますよ。
この日の思い出話をしながら、ぜひ大黒座で映画をご覧になってくださいね。
お待ちしています。

20150809 大黒座ブログ投稿写真 28.JPG
posted by だいこくニャ at 23:54| Comment(10) | イベント@大黒座
この記事へのコメント
モノノフの皆さん、たくさん拡散していただきありがとうございます!!
後から見つけた誤字、及び「トラちゃん」のくだりを加筆しておりますことを付記します。

今後も浦河町で営む大黒座に興味・関心をお寄せくださいますようお願いいたしますm(_ _)m

(大黒座サポーターズクラブ)
Posted by だいこくニャ at 2015年08月11日 12:28
二日連続で大黒座での『幕が上がる』、幸せでした。
前日に浦河入りしていたのはラッキーでしかありません(笑)
元町民としても大好きな大黒座さんに、これまた大好きな、ももクロちゃんが来るなんて!
二重のよろこびに早朝から大騒ぎでしたよー
当日の動き等、色々大変なこともあったかと思いますが
皆様達のおかげで、来館したモノノフ全員がステキな時間を過ごすことができました。
本当にありがとうございました。

また別作品を観に伺わせていただきます。
暑い日が続きますので、皆様どうぞお身体を大切に。
Posted by ちや at 2015年08月11日 12:42
サポーターズクラブ管理人さん、大黒座関係者のみなさん、素敵なレポート掲載ありがとうございます。
遠くからではありますが、今回の舞台挨拶の件では本当に多くの感動をいただきました。ありがとうございました。
自分がよくチェックしに行っているサイト「ももクロ侍」というのがあります。(http://momoclozamurai.xxxblog.jp/

そのサイトの記事でも、今回の舞台挨拶に関して、たくさんの心温まるコメントが寄せられています。
もしお時間のあるときに一度ご覧になられてはいかがかなと思います。

本当に遠くからではありますが、これからも大黒座さんを応援させていただきたいと思います。
ありがとうございました。
Posted by 静岡ノフ at 2015年08月11日 13:10

素敵なブログありがとうございます!!

心がホッコリした気持ちになりました。

映画に出てくるような街の映画館
看板猫のちーたん、かわいいなぁ〜

『幕が上がる』の最後の上映館が、
大黒座さんで本当に良かった。

Posted by mczskmar at 2015年08月11日 13:35
拝見させていただきました。
せっかく余韻が落ち着いてきた頃なのに、これを読むことによってまた余韻が戻って来ちゃったじゃないですかー(笑)
大黒座さんの柔軟な対応には本当に感謝です(^_^)
個人的には私が訪れたももクロの現場の中で一番好きだったかもしれません。近所に住む方々とほっこりとした温かい雰囲気のなかメンバーたちもリラックスしながら楽しめてたように見えました。
浦河、とても素敵な魅力のある街ですね!今度は個人的にドライブでもしに行きたいと思います。
素敵な思い出を本当にありがとうございました。
Posted by かなたけ at 2015年08月11日 14:00
アップありがとうございます。
名古屋在住 モノノフです。
モノノフあるあるで このような活字を読むだけで目から汗が。
個人的にサービス業をやっているので こういう一人一人を大切にする姿勢がももクロ 三上さんの事からも学べます。
素敵なアップありがとうございます。
Posted by ひろのふ at 2015年08月11日 14:05
はじめまして、東京在住のモノノフです。
素敵な映画館ですね!
今回は急な話で行けませんでしたが、いつか訪れてみたいと思いました。

この度は突然モノノフが押し寄せてしまったにもかかわらず、ご対応いただきありがとうございました。
来年2月27日にももクロはツアーで北海道にいきます。
その時行けたらいいな〜
Posted by 蒲田ノフ at 2015年08月11日 16:42
大黒座さんのような温かい映画館があるなんて初めて知りました。映画をこよなく愛されているんですね。ももクロの二人も忘れられない思い出になったと思います。ありがとうございました。
Posted by 関東ノフ at 2015年08月11日 19:20
とても暖かい気持ちになりました
数年間北海道に仕事とは言え毎月伺っていた身としては非常に嬉しいです
いつまでも営業を続けられることを祈っています。
そしていつか大黒座の座布団に座れることを夢見て・・・
Posted by 権太 at 2015年08月11日 20:54
すごく良い映画館なのが伝わってきますね
モノノフですが今回の機会にはさすがに行けませんでした
私の覚えてる映画館初体験は父に連れて行ってもらった東京下高井戸の映画館でのロッキー1・2の併映でした。多分小学校低学年だったかな。なんか今でもあの時感じた映画館の雰囲気覚えてます。
次の北海道旅行では大黒座さんにお邪魔させていただきたいです
Posted by 松原ノフ at 2015年08月13日 17:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: