2016年02月03日

雑誌「HO」に掲載されました!「100年企業」なんですと。

北海道の旬な情報やおすすめスポットなどが掲載された情報誌「HO」の100号記念特集が発行されました。

DSC06802.JPG
…うわぁ。目を引く創刊号の表紙!


100もの記事が紹介されているなかで、「100年企業」のトピックに大黒座が取り上げられています。

DSC06803.JPG

間もなく創業から100年の節目を迎える大黒座の歩みはこれまでも多くのメディアで紹介されてきましたが、そのたびごとに映画の斜陽化(むしろ娯楽そのものの多様化なのかも…)を背景とした地方の映画館の厳しい現状が語られてきました。

今回もやはり、編集者の方々に興味を持っていただけるだけの“営みの価値”ほどに、集客が伴わない現実への憂いや嘆きに似た館主のコメントが載せられていました。

このあたりの(どのタイミングを切り取っても厳しい…という)安定感!?はちょっとスゴいのではないかと思います(笑)
さらに言えば、それでもなお映画館の灯を消さないという大黒座・三上家の無言の在り方が、もっとスゴイと感じるのは、サポーターの一人としての偏った見方でしょうか。

DSC06804.JPG

掲載された写真(上映作品)から推測すると、取材を受けたのは年明けのことだったようです。

そういえば、大黒座を訪ねるたびに三上館主が「なんか言うことあったんですよね…」と頭をかきながら、結局思い出せずにいた話題は、きっと「HO」の取材を受けたことだったんですね。

DSC06801.JPG

過疎地に住む私たちにも「自分の住むまちに映画館がある」という環境を残し続けてくれる大黒座と三上家に、あらためて感謝の気持ちが溢れます。

posted by だいこくニャ at 22:50| Comment(1) | 映画館にまつわるエトセトラ…
この記事へのコメント
映画館を100年続けるのってほんまにすごいことやと思います。言葉には表せないくらい凄いことだと思います。ほんまに尊敬です。
Posted by OHTAKE at 2016年02月05日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: