2015年11月13日

【今さら詳報】明日開催の大黒座まつり!プログラムはこちら。

明日14日(土)は「第12回大黒座まつり」開催のため、夕方4時の回(おかあさんの木)と夜7時の回(サンドラの週末)は休映となります。

20151113 大黒座チャレンジFBページ投稿写真A(大黒座まつりプログラム).JPG

例年以上に動き出しの鈍かった今年の大黒座まつりですが、つい先日ようやく当日のプログラムや進行が見えてきましたので、今さらながらご紹介いたします。

【第一部】 〜毎年恒例の演芸の時間〜
以下、何となく当日のイメージを言葉にしてみます(笑)
・浦河町在住のベーシスト・立花泰彦さんが、女性サックス奏者(新冠町在住)とのデュオで登場!さあお祭りが始まります!!
・毎年登場の「迷える歌姫」こと辻さんと、昨年初お目見えを果たした熊谷章三さんによるギター弾き語りで、大黒座の館内温度が2℃上昇!
・札幌で自主上映グループを主宰する美青年によるギター演奏で、女性参加者がメロメロに…。
・塚田さん(新ひだか町在住)のハーモニカ演奏や、蛭川さん(浦河町)による朗読が、演芸全体のメリハリを利かせます。
・その後は、これまでも大黒座で自主上映を仕掛けるなど、住民を巻き込むことに長けたあの人、沼倉さんが率いるこの日限りのアカペラ集団が、ビートルズの曲を熱唱します♪
・毎年恒例、今や八重山民謡の第一人者・大工哲弘氏のお墨付きのもと、「八重山うた会」の浦河支部を主宰する原田さんによる三線演奏もあります!!
・第一部の締め括りは、これまた毎年恒例、新ひだか町から「三石ベンチャーズ」の皆さんが、懐かしのメロディを奏でます。

20151113 大黒座チャレンジFBページ投稿写真B(大黒座まつりプログラム).JPG

第二部とのインターバルを使って行われるのは、大黒座まつりには欠かせない佃さん(様似町在住)のアコーディオンに合わせて、歌声ホール「かもめ」の時間です。
懐かしの童謡唱歌をみんなで口ずさみましょう!!
そしてそして、昨年は一番の盛り上がりを見せた女子高生6人組「なりきりクローバーZ」による踊りも予定されています。今年の8月に突然舞い降りたももクロ来館の熱気が再び蘇るかも!?

20151113 大黒座チャレンジFBページ投稿写真@(大黒座まつりプログラム).JPG

【第二部】 〜イロイロあった2015年を振り返る「ご立腹大賞」〜
第二部の冒頭は、現在上映中あるいは今後上映予定の3つの作品(『おかあさんの木』『野火』『ニッポンの嘘』)の予告編を上映します。
その後は、流行語大賞ならぬ、『ご立腹大賞』と題して、参加者と一緒にこの一年を振り返る企画を行います。
身近で些細なことから社会の動きまで、過去のことや未来に向けたこと…
何でも構いませんので、今年のNEWSを各自持ちよって、言葉にしてみましょう!!
果たしてどうなることやら…(^-^;;
それは当日のお楽しみということで。

以上です。編集長!!(ちょっと悪ノリ^^;;)
−−−−−−−−−−
当日のご参加も大歓迎です。
ぜひぜひ誘い合わせてご来館・ご来場ください!!
posted by だいこくニャ at 12:40| Comment(0) | 大黒座まつり

2014年11月19日

「大黒座まつり」のちょっといい話♪

今年の「大黒座まつり」のハイライトは、鈴木翁二さんと立花泰彦さんの浦河在住の二人に、メインゲストの坪川拓史さんを加えた即席トリオによるライブでした。

20141119 大黒座ブログ投稿写真@(「大黒座まつり」いい話).jpg

出番前のロビーで、坪川さんが静かに語ってくださった「15年前の自分に教えてあげたい」という言葉。
実は、当時まだ20代の坪川さんは部屋で一人、鈴木翁二さんのマンガを読みふけりながら、立花泰彦さんが参加していた『ベツニ・ナンモ・クレズマー』の音楽を聴いていたのだそうです。
坪川さん自身に小さくない影響を及ぼした人たちと、ときを経て同じステージで一緒に演奏するという感慨を含んだ言葉だったのですね。

20141119 大黒座ブログ投稿写真A(「大黒座まつり」いい話).jpg

舞台上では、鈴木翁二さんのアドリブに楽しげに困惑してみせるアコーディオン奏者、坪川さんの姿がありました。

20141119 大黒座チャレンジFBページ投稿写真D(「大黒座まつり」いい話).JPG

♪映画監督・坪川拓史さんが手がけた『ハーメルン』は、本日11月19日からDVDとブルーレイの発売が開始されます。
♪アコーディオン奏者・坪川拓史さんが率いる「くものすカルテット」は、来たる24日の東京でのライブで、今年初めてフルメンバーで演奏するとか。
♪室蘭在住の坪川拓史監督が、室蘭・西胆振を舞台に市民と共に製作した『モルエラニの霧の中』は、大黒座まつりの数日前にクランクアップを迎えたそうです。

坪川さんの今後の活躍にぜひご注目ください!
posted by だいこくニャ at 06:45| Comment(0) | 大黒座まつり

2014年11月17日

【ご報告】第11回大黒座まつりが開催されました♪

去る15日(土)、11回目を迎えた「大黒座まつり」が開催されました。

毎年のことながら、多彩な催しや大黒座を想う人たちのおもてなしのなかで、大黒座は終始来場者の笑顔と笑い声で溢れかえっていました。
本当にたくさんの場面がありましたので、時系列でプレイバックしてみました映画
当日来られなかった方々にも、大黒座まつりの雰囲気を少しでも感じていただければ幸いです。

第11回大黒座まつり 01.JPG
開場前の大黒座。
実行委員長の鈴木翁二さんの画や作品が、贅沢にレイアウトされていました。

第11回大黒座まつり 02.JPG
受付の準備も急ピッチで!
担当の三浦さんの手際よさが、運営の下支えとなりました。
「うた本」も三浦さんの手書きによるものです。

第11回大黒座まつり 03.JPG
大黒座に寄せて書かれた色紙が、ロビーの模様替えの末に、列をなしていました。
先日来館された大林宣彦監督の色紙も掛けられています。

第11回大黒座まつり 04.JPG
さあ、いよいよお祭りが始まります!
オープニングは毎年出演と運営で大活躍、隣町の様似町から駆けつけてくれる佃さんが、来場者との一体感をつくり出してくれます。

第11回大黒座まつり 05.JPG
自前で「大黒座すけじゅーる」を作成している大黒座ファンの佐藤さんは、この日のために作詞作曲した『大黒座応援ソング』をご披露くださいました。

第11回大黒座まつり 06.JPG
「悩める歌姫」こと辻さんは、アンコールの声に応えて、急きょデュエット曲を披露することに…。
お相手は、今回初めて参加することになったシンガーソングライター熊谷章三さん。
地元の浦河への恩返しに…と、会場を盛り上げてくれました。

第11回大黒座まつり 07.JPG
ロビーの空間も、大黒座まつりの魅力。
あえてロビーで過ごす方もいらっしゃるほどです。

第11回大黒座まつり 08.JPG
その頃、氷点下の館外では、浦河高校の仲良しユニットによる「なりきりクローバーZ」が最後の練習中。
高校生の孫を見守る館主のお母さま、雪子さんの人影が見えるでしょうか!?

第11回大黒座まつり 09.JPG
いよいよ「なりきりクローバーZ」の登場です!
女子高校生の若さあふれるダンスで、会場は一気にヒートアップ!!
このときばかりは、ロビーにいた方たちも劇場内で立ち見状態でした。

第11回大黒座まつり 10.JPG
およそ10分間にわたり踊り続けたあとの大黒座は、この日一番の熱気で充満していました。

第11回大黒座まつり 11.JPG
やりきった「なりきりクローバーZ」の皆さん、いい笑顔、いい仲間ですね!!

第11回大黒座まつり 12.jpg
お祭りの日でなくても、この場所で過ごしたいと思わせてくれるのが、大黒座です。

第11回大黒座まつり 13.JPG
演芸の次は、この日のスペシャルゲスト、坪川拓史監督が持参してくれた短編映画『日本人アンナ』の上映です。
上映前の挨拶では、今年7月に『ハーメルン』上映に合わせて来館されたときのこと、実行委員長の漫画家・鈴木翁二さんとの縁にもふれて、お話くださいました。

※『日本人アンナ』も収められているオムニバス映画『掌の小説』については、坪川監督のインタビュー記事をご参照ください。

第11回大黒座まつり 14.JPG
お祭りのときは人混みのせいで居場所を失うちーたんは、ほんの一瞬安らげる場所を見つけたようです。

第11回大黒座まつり 15.JPG
映画上映後は、この日限定のスペシャルユニット。
漫画家であり音楽家でもある鈴木翁二さんをセンターに、浦河町在住のプロベーシスト・立花泰彦さんと、映画監督から「くものすカルテット」のアコーディオン奏者の顔になった坪川さん。
来場者にとっての“至福のとき”が始まりました。

第11回大黒座まつり 16.JPG
こんな贅沢な演奏を映画館で聴くことができるなんて…
時間を忘れて聴き入りました。

第11回大黒座まつり 17.JPG
ロビーは、帰り際に行う抽選会の景品が並べられています。
毎年千葉県から大黒座を訪ねる女性が、先月「お祭りの景品にでも使って」と置いていってくれた“ふなっしー”グッズです。

第11回大黒座まつり 18.JPG
中には映画鑑賞券が当たった方もいました。
チケットの素敵なデザインは、受付を担当していた三浦さんによるもの。
見事当たったのは、浦河町地域おこし協力隊の加藤エミ隊員でした。

第11回大黒座まつり 19.JPG
例年通りと言えばそれまでですが…
予定を1時間以上超過して始まった最後のメニュー、歌声ホール「かもめ」。
佃さんが選んだ「かもめ」にちなんだ曲目を、立花さんのベースと佃さんのアコーディオンに合わせて一緒に唄います。
フィナーレを迎えた頃、時刻は夜10時になっていました。

第11回大黒座まつり 20.JPG
お見送りと片づけに並行して、お楽しみの直会が始まりました。

第11回大黒座まつり 21.JPG
直会は日付が変わった2時頃にようやく散会となりました。
ちーたんは一日中落ち着かなかったでしょうね…(^-^;;


ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!
実行委員及び協力者の皆さま、大変お疲れさまでした!!
posted by だいこくニャ at 23:40| Comment(0) | 大黒座まつり