2016年04月30日

【お知らせ】明日、鈴木翁二さんが札幌で…♪

毎年11月に開催される「大黒座まつり」の実行委員長は、浦河町在住の漫画家で、ミュージシャンとしての顔もあわせ持つ鈴木翁二さんです。

その鈴木翁二さんが、明日(5/1)札幌で行われるライブに登場するそうです。
※詳しくはコチラからどうぞ。

♪『メッキ天使、またたきLIVE 〜タブラと馬頭琴とギターと唄に集い〜』
♪とき:5月1日(日)18時半から
♪ところ:フェアトレード雑貨&レストラン みんたる(札幌市北区北14条西3丁目2-19|011-756-3600)
♪木戸銭:2,500円(1ドリンク付き)

近郊にお住まいでご都合のつく方は、唄もさることながら、ぜひ翁二さんの語りにもふれてみてください!
posted by だいこくニャ at 17:45| Comment(0) | 大黒座を応援する人たち

2016年02月01日

今日は毎月1日の「映画の日」です♪

浦河の手づくりパンのお店・ぱんぱかぱんでお客さま用に置かれていたお知らせのなかに、さりげなく大黒座の上映スケジュールも載せられていました。

20160201 大黒座チャレンジFBページ投稿写真@(「映画の日」&ぱんぱかぱん).JPG

女性店主・以西(いさい)さんの大黒座へのエールのように感じました。

20160201 大黒座チャレンジFBページ投稿写真A(「映画の日」&ぱんぱかぱん).JPG

今日は毎月1日の「映画の日」です!
大黒座では大人1,000円、高校生以下800円、幼児700円で鑑賞いただけます。
皆さまのご来館、お待ちしています。

<上映中の作品>
♪『グラスホッパー』は、一日3回の通常上映中です。
(〜2/12|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
♪『ダライ・ラマ14世
(2/1〜12|夕方4時の回のみ)
(2/13〜19|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
posted by だいこくニャ at 07:45| Comment(0) | 大黒座を応援する人たち

2015年07月15日

“アラヤシキ”の営みとの共通点が、浦河にも。

現在上映中の『アラヤシキの住人たち』は、長野県小谷村にある真木共働学舎を舞台に、今の社会に生きづらさを抱えた20代から60代の十数人が互いに尊重しあい、動物たちと共に送る自給自足の暮らしを映したドキュメンタリーです。

2015-16 『アラヤシキの住人たち』.jpg


浦河町もまた「弱さを絆に」した暮らしや生き方が体現されている地域なのですが、ちょうど『アラヤシキの住人たち』に描かれていた情景がふと重なってしまうような場面がありました。

20150715 大黒座チャレンジFB投稿写真B.JPG

浦河における精神医療を長きにわたって担っている川村医師が昨年開業した「浦河ひがし町診療所」が、5月末に患者やその家族と共に行った「田植えツアー」は、その一つの形でした。

20150715 大黒座チャレンジFB投稿写真C.JPG


ひがし町診療所は開設に伴い、ありがたいことに大黒座の上映作品用の掲示板をご厚意で設置してくだささいました。

20150715 大黒座ブログ投稿写真(ひがし町診療所|掲示板).jpg
※診療所は国道に面した角地に構えているので、歩行者や信号待ちの車内にも上映作品が飛び込んできます。

また、大黒座での映画鑑賞を患者や家族のメンタルヘルスの一環として位置づけているので、定期的に患者やスタッフ総出で来館されます。

団体で来館くださることは大黒座にとって大変ありがたい存在であるとともに、診療所にとっても大黒座が在るからこそ実施できるプログラムと言えると思います。
浦河ならではの「お互いさま」が、こんなところにもあるのですね。


アラヤシキの住人たち』は明後日17日(金)までの上映。
(〜7/17|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)

−−−−−−−−−−
※5月下旬に森田惠子監督が来訪された際の「田植えツアー」の様子は、コチラから。
posted by だいこくニャ at 05:45| Comment(0) | 大黒座を応援する人たち