2017年01月12日

「キネ旬ベスト・テン」発表!

このたび発表された「キネマ旬報ベスト・テン」で日本映画の第1位に輝いた『この世界の片隅に』は、今週末(1/14)から大黒座での上映が始まります。

同じく2位となった『シン・ゴジラ』も来月(2/4)からの上映が決まっており、図らずも大黒座では2016年を代表する作品をこの年頭に続けて楽しめることになりました。
この機会にぜひ大黒座のスクリーンでご覧ください。

20170112 大黒座ウェブサイト添付画像(キネ旬ベスト・テン).jpg

−−−−−−−−−−
「キネ旬ベスト・テン」に絡んで、こぼれ話があります。

今年のベスト10のうち上位2作品はもちろん、『オーバー・フェンス』(9位)や『怒り』(10位)、次点だった『海よりもまだ深く』はすでに大黒座で上映された作品です。

外国映画部門でも3作品、文化映画部門でも1作品が、すでに大黒座のスクリーンに映された良質な作品でした。
公開作品が年間1千本を超えると言われる中で、館主ご夫妻の“目利き”が光ります。

過去にはこんな悲しいエピソードがありました。
『おくりびと』がキネ旬ベスト・テンで4冠に輝いた際、「大黒座で『おくりびと』を上映しないのか」という問合せが殺到したことがあったそうです。
しかし、すでに大黒座では前年のうちに上映を終えており(しかも静かに…)、館主ご夫妻としてはとても複雑な思いを抱いたとのことでした。


「せっかくいい映画を上映しているのに…」
その話を大黒座のサポーターとして耳にして、率直に感じました。

「あのとき観ておいてよかった」と思える作品が、実は大黒座では日々上映されています。人口1万3千人を割り込んだ小さな過疎の町で、映画館のスクリーンで映画を観られることは決して当たり前のことではありません。
ぜひ一人ひとりの日常の中に、大黒座で映画を観るという一コマを加えてみてはいかがでしょうか。
posted by だいこくニャ at 07:10| Comment(0) | 大黒座のもろもろ…

2017年01月01日

新年あけましておめでとうございます門松

大黒座は元旦から営業しております。

20170101 大黒座チャレンジFBページ投稿写真@(新年の挨拶|映画の日).JPG

近郊にお住まい皆さまにおいては、「家族・親戚と一緒に」「地元に帰省中のお友達と誘い合わせて」「初詣のついでに」など、年明けの一コマに“大黒座のスクリーンで映画を観た”という思い出を加えてみてはいかがでしょうか。

今日は毎月1日の「映画の日」でもあります。
鑑賞料金が割引になりますので、ぜひご来館をお待ちしています。

20170101 大黒座チャレンジFBページ投稿写真A(新年の挨拶|映画の日).JPG

<上映中の作品>
♪『聖の青春
(〜1/13|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
※土日祝の朝の回は別作品を上映。
♪『魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!』
 &『キュアミラクルとモフルンの魔法レッスン!』(2本立て)
(〜1/22|期間内の土曜・日曜・祝日|@朝10時|A夕方4時)
※関連サイトはコチラから。

20170101 大黒座チャレンジFBページ投稿写真B(新年の挨拶|映画の日).JPG

<今後の上映スケジュール>
♪『カラテ・キル
(1/14〜道内初上映!)
♪『この世界の片隅に
(1/14〜上映開始!)

<上映予定の作品>
♪『シン・ゴジラ
※日程調整中。お楽しみに!

−−−−−−−−−−
上映情報は、大黒座ウェブサイトからもご覧いただけます。

posted by だいこくニャ at 09:05| Comment(0) | 上映情報

2016年12月31日

この一年のご愛顧に感謝申し上げますm(_ _)m

大黒座は昨日(12/30)で今年の営業を終え、本日は大掃除のため休館となります。
今年も一年、大黒座を支えてくださり、心より感謝申し上げます。

20161231 大黒座ブログ投稿写真(大晦日休館).JPG

来たる新年も元旦から営業いたします。皆さまのご来館をお待ちしています。
posted by だいこくニャ at 08:15| Comment(0) | 日記

2016年12月23日

上映情報♪ −2016_12_23−

大黒座は明日から上映作品が切り替わります。

20161223 大黒座チャレンジFBページ投稿写真A(上映情報).JPG

怒り』の上映は今日が最終日です。
原作:吉田修一、監督・脚本:李相日の『悪人』制作チームが再結成して撮られた感動のヒューマンミステリー。
映画館でこそ観てほしい作品です。ぜひ大黒座のスクリーンでご覧ください。

20161223 大黒座チャレンジFBページ投稿写真@(上映情報).JPG

『怒り』にも出演し、明日から上映開始となる『聖の青春』でも主人公・村山聖を演じる松山ケンイチさん。
またいつか大黒座に現れそうな気がしてなりません。

<上映中の作品>
♪『怒り』は、本日までの上映です。
(@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
♪『聖の青春』は、明日から上映開始となります。
(12/24〜1/13|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
※土日祝の朝の回は別作品を上映。
♪『魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!』&『キュアミラクルとモフルンの魔法レッスン!』(2本立て)は今日から上映開始です。
(12/23〜1/22の期間内の土曜・日曜・祝日|@朝10時|A夕方4時)

<今後の上映予定>
♪『カラテ・キル
(1/14〜道内初上映!)
♪『この世界の片隅に
(1/14〜上映開始!)

<上映予定の作品>
♪『シン・ゴジラ
※日程調整中。お楽しみに!

−−−−−−−−−−
上映情報は、大黒座ウェブサイトからもご覧いただけます。
posted by だいこくニャ at 09:15| Comment(0) | 上映情報

2016年12月18日

松ケンの足あと足跡発見!

12/24(土)から上映開始となる『聖の青春』。
主演の松山ケンイチさんは、実は今年の夏前にプライベートで大黒座で映画を観ていかれたそうです。
そのときの写真がポスターの横に何気なく貼られていました。

20161218 大黒座チャレンジFBページ投稿写真@(松山ケンイチのこと).JPG

松ケンは現在上映中の『怒り』にも重要な役柄で出演中です。

20161218 大黒座チャレンジFBページ投稿写真A(松山ケンイチのこと).JPG

この年末年始は、ぜひ大黒座のスクリーンで松ケンの熱演と残り香を味わってみてください。
posted by だいこくニャ at 09:50| Comment(0) | 情報アレコレ@大黒座ロビー

2016年12月09日

上映情報♪ −2016_12_09−

大黒座は明日から上映作品が切り替わります。

20161209 大黒座チャレンジFBページ投稿写真@(上映情報).JPG

函館珈琲』の上映は本日限りです。
映画を観たあとは、三上館主による日替わりコーヒーなどいかがでしょうか。
ぜひ大黒座のスクリーンでご覧ください。

20161209 大黒座チャレンジFBページ投稿写真A(上映情報).JPG

また、年末年始の新作も決定しています。
『聖の青春』『この世界の片隅に』の話題作のほか、土日祝日限定で『魔法つかいプリキュア』もラインナップに加わりました。

20161209 大黒座チャレンジFBページ投稿写真C(上映情報).JPG

何かと気忙しい年の瀬ですが、たまには多くて近いスクリーンで映画をお楽しみください。


<上映中の作品>
♪『函館珈琲』は、本日までの上映です。
(@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
♪『怒り』は、明日から一日3回の上映となります。
(本日は夕方4時の回のみ)
(12/10〜23|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)

20161209 大黒座チャレンジFBページ投稿写真D(上映情報).JPG

<今後の上映予定>
♪『魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!
 &『キュアミラクルとモフルンの魔法レッスン!』(2本立て)
(12/23〜1/22の期間内の土曜・日曜・祝日|@朝10時|A夕方4時)
♪『聖の青春
(12/24〜1/13|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
※土日祝の朝の回は別作品を上映。
♪『カラテ・キル
(1/14〜道内初上映!)
♪『この世界の片隅に
(1/14〜上映開始!)

20161209 大黒座チャレンジFBページ投稿写真B(上映情報).JPG


<上映予定の作品>
♪『シン・ゴジラ
※日程調整中。お楽しみに!

−−−−−−−−−−
上映情報は、大黒座ウェブサイトからもご覧いただけます。
posted by だいこくニャ at 07:55| Comment(0) | 上映情報

2016年12月07日

今週末は「函館港イルミナシオン映画祭」が開催されます!

今週末(12/9〜11)開催される函館港イルミナシオン映画祭は、「映画を創る映画祭」とも言われるとおり、若い才能の発掘に向けて「シナリオ大賞」を実施しています。

20161207 大黒座チャレンジFBページ投稿写真(函館港イルミナシオン映画祭).JPG

現在大黒座で上映中の『函館珈琲』もまた、この映画祭でシナリオ大賞を受賞した作品です。
今日を含めて残り3日間の上映となりました。
ぜひ大黒座のスクリーンを通して、作品から伝わる“香り”や“時間の流れ”を感じてみてください。


ちなみに、函館港イルミナシオン映画祭の発起人の一人であり『函館珈琲』にも出演しているあがた森魚さんは、第1回の映画祭で自身が監督した映画『オートバイ少女』を上映しています。
『オートバイ少女』と言えば、先日開催された大黒座まつりの実行委員長でもある浦河在住の漫画家、鈴木翁二さんが原作者です。
もちろんあがたさんと鈴木さんは旧知の仲。先日は小樽市文学館でセッションライブを行ったほどです。

ここにもまた、函館と浦河の不思議な縁があることを実感します。
posted by だいこくニャ at 12:45| Comment(0) | 情報アレコレ@大黒座ロビー

2016年12月05日

【ニュース速報】ゴジラ襲来警報が解除されました(北海道・浦河町)

ただいま入った情報によりますと、北海道・浦河町に発令されていたゴジラ襲来警報が解除され、年内に再び発令となる恐れは無いとの見通しが明らかになりました。

来たる12月10日(土)に北海道・浦河町に姿を現すと思われていたゴジラは、上陸に備えて臨戦態勢を整えていた浦河町民や対策本部が置かれている大黒座をあざ笑うかのように札幌方面に針路を変えて北上している模様です。
これを受けて、ゴジラの襲来に伴う人々の往来を見込んでいた浦河町では、予想に反するゴジラの動きに対して、果たしてゴジラ自身の意思によるものなのか、さまざまな憶測が飛んでいるとのことです。

−−−−−−−−−−
ニュース番組のアナウンサー調で砕けてみましたが、大黒座にとっては年末年始のラインナップの目玉として期待していた『シン・ゴジラ』の上映が、少なくとも来年2月以降にずれ込むことになってしまいました。

劇場と配給元とのやりとりの経過は、私たちサポーターの立場では知る由もありません。

20161203 大黒座ブログ投稿写真@(『シン・ゴジラ』上映延期).JPG

物言わぬゴジラですが、だからこそ私たちはその行動に込められたメッセージを理解しようと努めもするし、ときに曲解してしまうこともあります。

ゴジラ自身の意思で針路を変えたのか、それともゴジラを操作する何かしらの力が働いているか。
そんなことを深読みしながら、来年2月以降に後ろ倒しになった『シン・ゴジラ』の上映を首を長くして待ってみるのも、作品を楽しむ一つの方法かもしれません。


ただひとつ言えることは、今週末(12/10)からの夕方4時の回の上映には穴が開いてしまったということであり、年末年始の上映についてもこれからの交渉を余儀なくされたということです。

20161203 大黒座ブログ投稿写真A(『シン・ゴジラ』上映延期).JPG

先日開催された「大黒座まつり」では、来場した子どもにゴジラの魅力を嬉しそうに語る三上館主の姿がありました。
三上館主の想いが少年に伝わった結果として、大黒座での上映開始を待ちきれずに都市部の劇場でゴジラにふれるようなことになれば、館主としては嬉しいやら切ないやら(汗)


いずれにしても、この年末は『怒り』から『シン・ゴジラ』へと大作が目白押しのラインナップでしたが、『シン・ゴジラ』上映延期の代替作品は目下交渉中だそうです。

20161203 大黒座ブログ投稿写真B(『シン・ゴジラ』上映延期).JPG

スケジュールが決まり次第情報発信いたしますので、今後も引き続き関心をお寄せくださいますようお願い申し上げます。
posted by だいこくニャ at 23:35| Comment(0) | 日記

2016年11月27日

【お知らせ】函館の景観を収めたポストカードブックを販売中です!

今週末から『函館珈琲』が一日3回の上映となりました。

現在大黒座では映画の中で使用されたピンホール写真が収録されたポストカードブックを販売しています(一冊1,200円)

20161127 大黒座チャレンジFBページ投稿写真@(ピンホール写真ポストカードブック販売).JPG

映画に登場する女性ピンホールカメラマンが作中で実際に使用したピンホール写真を中心に、函館の歴史的な景観を撮り下ろした20枚セットの一冊です。
一枚一枚に撮影地の情報が記載されていますので、函館の歴史散歩に役立つガイドブックとしても重宝しそうです。
映画の鑑賞と併せて、ピンホール写真特有の不思議な時間感覚を味わってみてください。

20161127 大黒座チャレンジFBページ投稿写真A(ピンホール写真ポストカードブック販売).JPG

<上映中の作品>
♪『函館珈琲
(〜12/9|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
♪『怒り
(〜12/9|@夕方4時)
(12/10〜23|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
posted by だいこくニャ at 09:05| Comment(0) | 情報アレコレ@大黒座ロビー

2016年09月21日

【お知らせ】10/1『さとにきたらええやん』の重江監督と大澤Pが来館されます!

大黒座で上映開始となった『さとにきたらええやん』の重江良樹監督と大澤一生プロデューサーが、来たる10月1日(土)に来館され、舞台挨拶をいただきます。

20160921 大黒座チャレンジFBページ投稿写真(『さとにきたらええやん』重江良樹監督来館).JPG

大阪在住の重江監督は、作品の舞台である「こどもの里」に7年間ボランティアとして通いながら、丹念な取材を通して『さとにきたらええやん』を完成させました。
日雇い労働者の街として知られる大阪市西成区釜ヶ崎の日常や、こどもたちの遊び場づくりをきっかけに一貫してこどもの「生きる力」を育み続けているこどもの里の活動、そこで日々もがきながらもたくましく生きる人たちの横顔など、たくさんのエピソードを聞くことができそうです。

当日(10/1)は昼の回の上映を『さとにきたらええやん』に振り替え、上映後に監督とプロデューサーから舞台挨拶を頂戴します。
大黒座に足を運べる範囲にお住まいの皆さま、ぜひ当日または事前に作品をご覧のうえ、大阪からはるばる来館いただく監督とプロデューサーのお二人をお迎えしましょう。
ご家族や大切な誰かにもお誘い、またはお知らせくださいますようお願いいたします。


<上映中の作品>
♪『帰ってきたヒトラー
(〜10/7|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
※10/1のみ、昼の回は『さとにきたらええやん』の上映。
♪『さとにきたらええやん
(〜10/7|@夕方4時)
※10/1のみ、昼1時半の回も上映。
(10/8〜14|@朝10時|A昼1時半|B夜7時)
posted by だいこくニャ at 07:15| Comment(0) | 情報アレコレ@大黒座ロビー